健康食品の分類について

日本の法律では、わたしたちが口から体内に取り入れるものは、薬事法で定められる「医薬品(医薬部外品を含む)」と、食品衛生法で定められる「食品」の2種類に大別されます。
「健康食品」は食品に分類されるもので、この言葉自体には法律上明確な定義はありません。一般的に健康の保持や増進に役立つ食品として販売・利用されているもの全般のことを指します。病気の治療を目的とする医薬品と異なり、健康食品はあくまでも食品の一種としています。
このため、医薬品のように身体の構造や機能に影響する表示をすることは、原則として認められていません。ただし、国が定めた一定の基準を満たした食品を「保健機能食品」と称することを認める制度があります。
つまり、大きく「健康食品」と呼ばれるものは、国に認められた「保健機能食品」とそれ以外の「一般食品」に分かれると言うことができます。
次に、「保健機能食品」と「一般食品」を中心にご説明いたします。
まず、保健機能食品について説明します。保健機能食品として、主に、「特定保健用食品」、「条件付き特定保健用食品」、「栄養機能食品」3種類があります。
・特定保健用食品
身体の機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりなど特定の保健の用途に役立つという表示を認められた食品のことを言います。「トクホ」「特保」などと呼ばれます。
・条件付き特定保健用食品
特定保健用食品の許可のレベルには届かないが一定の有効性が確認される食品に条件付きで表示を認めるものです。
・栄養機能食品
栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。
それに対し、一般食品で、いわゆる健康食品と呼ばれているものには、以下のようなものがあります。
・機能性食品
体調を整える効果をもつとされる食品全般が一般的にこう呼ばれています。国に認められたものだけが「特定保健用食品」となります。
・栄養補助食品
栄養成分を補給し、保健に役立つものとして販売されていた食品のうち、錠剤やカプセルなど通常の食品の形態でないものです。「健康食品」にかかわる制度の見直し以前によく使用されていた名称で、現在国が定義しているものではありません。
・認定健康食品
公益財団法人「日本健康・栄養食品協会」が審査・許可を行っている健康補助食品。認定された商品には「JHFAマーク」の表示が認められています。
・サプリメント
健康食品のうち、特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態のものがこう呼ばれています。このうち、ビタミンやミネラルが栄養機能食品の規格基準を満たしているものは栄養機能食品と表示されています。

大きく「健康食品」と呼ばれる食品にも、さまざまな分類があることがおわかりいただけたでしょうか。健康食品を選ぶ際には、こうした分類も参考にしてみると良いでしょう。